大晦日と元旦のおもちゃ売り場

子供と孫のゲーム おもちゃ

息子が大晦日に騒ぐので、おもちゃ屋さんに行きました。
おもちゃ売り場は、がらがらでした。
元旦に再度、おもちゃ売り場に行きました。
お年玉を握り締めた子供が、目がギンギンで、大勢いました。
この日のために、リストアップしたおもちゃを抱えて、レジに並んでいます。
子供たちの殺気を感じます。
大晦日は、元旦の準備の日でした。
お店も子供たちも、準備準備です。
お店の準備が不十分です。
もうちょっと工夫すれば、もっと販売できると思いませんか?
この売れる時期が無駄になっていませんか?
子供は値段で決めないのです。
子供の価値観は、「ほしい」それだけです。
そこが怖いところです。