材料屋も隙間産業

出来事 驚き

世の中の金属材料のほとんどは、メーカーからメーカーに流れている。
MtoMと言うのだろうか?
メーカー間に材料屋が入ることは、少ない。
最も、入ったら薄利多売で、膨大なお金が必要になる。
つまずいたら、おしまいの世界になる。
と言うことで、材料屋は、小ロットの材料を販売している。
MtoMから外れた材料を販売している。
MtoM:トレーラー単位の量だろうか?
材料屋:数トンから数キロの世界だろうか?
そして、材料のネット販売は、宅配便の世界だ。
このように考えると、材料屋は隙間産業なのだ。
今日も、隙間を埋めていこう。

出来事 驚き