ネットで集客、後はリアル交渉1

出来事 驚き

手軽な物はネット通販に載りやすい。
宅急便がこれだけ動いていれば、日本全国品物が届けられる。
しかし、宅配便に載らないサイズや重量物は、配送が難しい。
配送が難しいので、ネット通販に載り難い。
鋼材も、宅配便に載らないサイズや重量物の部類だ。
切断して宅配便のサイズや重量で済めば、ネット通販に載せやすい。
しかし、定尺、5.5mでとか、重量が100kgを超えると、一気に難しくなる。
定尺、5.5mでとか、重量が100kgを超える案件は、ネットだけの対応は、無理だ。
しかし、当店にリアルな交渉や商談する社員はいない。
リアルな交渉や商談のために社員を雇う気もない。
と言うことで、当店取引先の出番になる。
鋼材屋は、昔からの古い体質なので、リアルな交渉や商談に慣れている。
そして経験豊富な社員もたくさんいる。
今の時代に掛けている部分を当店が補足すれば、上手く行けそうだ。
鋼材屋は古い体質だ。
当店がホームページを出しただけで、話題なって、批判された。
そもそもネット商売を信用していない。
もっとはっきり言うと、「ネット商売は、やるだけ無駄」と言う感じだ。
「そもそも顔の見えない販売など、出来ない」と考えている。
と言うことで、鋼材屋は、リアルな交渉や商談が好きだ。
当店が取引先の色々と提案しても、相手にしてもらえなかった。
これが変わったのが、リーマンショックだ。
リーマンショック前は、鋼材はズーット値上がりしていた感じだ。
鋼材は手配して数ヶ月で製鉄メーカーから入荷する。
この入荷待ちで売値が値上がりする。
と言うことは、早めに手配すると、利益幅が増加することになる。
そして、リーマンショックで急激な受注減になった。
受注減になると、鋼材の値崩れが始まる。
しかし、リーマンショック前の仕入れ価格で、ガンガン入荷する。
結局、売りさばくために、仕入れ値より安い売値になった。
この事件で、「このままだと未来がない」と思ったようだ。
この様な状況変化で、やっと、始まります。
まだ、1軒だけですが。
楽しくネット商売が、始まる。
とっても、楽しくて、うれしい。
期待が、いっぱいだ。
トンレベルの金属材料屋を紹介 製作途中
http://www.venus.dti.ne.jp/~sando/other/prno/otkcan.html

出来事 驚き