4.熱間ダイス鋼SKD61とは

熱間ダイス鋼 SKD61










熱間ダイス鋼といえば、熱処理してHRC45程度です。

SKD11と違うのは、300度とか400度の時の、硬さです。

金属は温度が高くなるに従って、硬度が下がり、引張強さも下がります。

低下具合が、SKD11とSKD61では、違います。

SKD11は一直線に低下しますが、SKD61は300度、400度程度まで踏ん張ります。
SKD61で持たない時には、他の熱間ダイス鋼を選択しますが、

やっぱり持たない時にはハイスを使用します。