鉄板 厚板定尺 9.0mmX1219mmX2438mm

トン屋 鉄屋の在庫

厚板定尺 鉄板
名称:厚板定尺
規格:無規格
規格名称:ムキ
表面:黒皮
サイズ名称:9.0mmのシハチ
サイズ:  9.0mmX1219mmX2438mm
現在庫枚数:18枚
合計重量:3780kg
問6
グチャグチャになったら、ムキ?
鉄トン屋の回答4
グチャグチャにしなけれど、
仮にグチャグチャになったら、ムキです。
こんな、甘い管理はしていません。
問5
在庫がグチャグチャにならない?
鉄トン屋の回答4
管理はきっちりしているので、
SS400などの規格品と、混ざりません。
問4
この量はどのくらいで、無くなるの?
鉄トン屋の回答4
だいたい3ヵ月周期で入れ替わります。
ただ今、伸びです。
問4
ムキは、規格品より、安いの?
鉄トン屋の回答4
その通りです。
問3
ムキで売れる理由は?
鉄トン屋の回答3
値段の違いです。
問2
ムキで売れるの?
鉄トン屋の回答2
ムキなので、値段が違います。
値段重視の部分も、有るんです。
問1
なぜ、ムキがあるの?
鉄トン屋の回答1
売れるから在庫しています。
鉄のトン屋は、重さ、重量を、2601kと書く。
gがない。
単位として、成立していない。
2601kgだ。
ただ、2601kgと書くと間違う鉄人がいる。
習慣と言うか、いつもの事は、変えられないのだ。
仕方がない、2601kは、2601kgと自分で書き直そう。
「今出すなら、全部出荷します。
2−3日有れば、10トン出荷します。」
と鉄のトン屋は、ビックマウスしています。
「全部出したら、在庫切れになる。後、どうするの?」
ビックマウスの鉄トン屋の答え
「どこかで見つけて、入れるから」
実際問題で、10トン必要な時は、確認します。
無規格とは、
SPHCだったり、SS400だったり、SN400だったり、規格に外れだったり、ごちゃ混ぜです。
鉄板ならOKの部分も多く存在します。
非重要な部分に使います。
「規格材料製造時に、規格外が出るようで、
この板をシャーリング切断して大きさを整えたのが、無規格」
と、こんな話を聞いた事があります。
SS400板と無規格の板を同レベルで考えられると、困る。
SS400は、SS400の用途があります。
無規格は、無規格の用途があります。
注意して、使い分けましょう。
トン屋販売が必要な時は、リンクで飛んでね。
http://www.venus.dti.ne.jp/~sando/other/prno/otkcan.html

トン屋 鉄屋の在庫