成長するなら規模拡大、縮小するなら規模縮小、現状維持も規模縮小

出来事 驚き

会社規模の拡大縮小について。
現状より、売り上げが増大するなら、社員を増やして規模拡大になる。
現状より、売り上げが縮小するなら、社員を減らして規模縮小になる。
現状維持や微減状態では、社員を減らして規模縮小になる。
先日の鋼材問屋の話
「7割操業が5年続くなら、規模縮小する」
7割操業でも、収支トントンの赤字なし、利益なしで、営業は続けられる。
しかし、日常業務の3割がひますると、会社の雰囲気が悪くなる。
ひまは、誰も嫌いなのだ。
理想的には、日常業務100%で、突発業務20%だ。
これだと、現状に人員で何とか対応可能だ。
チョット多目の仕事が必要で、何とか可能なレベルが、少数精鋭なのだ。
少数精鋭だと、皆さん楽しい感じになる。
人員を維持して受注増を待つか。
人員を現状に合わせるか。
さて、どちら?

出来事 驚き