fonのセキュリティー、安全性

セキュリティー 無線LAN

fonのセキュリティー、安全性は、fonを信じるしかない。
パブリックAP(公開AP FON AP)から、概存ネットワーク(家庭内LAN)にアクセし出来ない事になっている。
また、プライベートAP(MyPlace)からも、概存ネットワーク(家庭内LAN)にアクセし出来ない事になっている。
同じパブリックAP(公開AP FON AP)にアクセスしたパソコン同士は、ファイル共有が出来る。プリンターの共有も出来そうです。
ファイル共有が必要な時は便利ですが、第三者が覗いているかもしれません。
この為、通常は共有機能をOFFにする必要がある。
パブリックAP(公開AP FON AP)は、暗号化通信を使用していない。
お金関係の操作と認証をすると、まずくなります。
パブリックAP(公開AP FON AP)は、最初の設定時に使用します。
田舎で周囲に無線LANのパソコンがなければ、問題ないです。
しかし、近くに無線LANのパソコンを使用している地域ですと、大変です。
La Fonerの電源を入れると、キンコンと「新たなアクセスポイントを発見しました」とパソコン画面に出てくる。この時に、APにアクセスして、FONのログインして設定してしまうと、La Fonerを乗っ取れる。
考えすぎか?
最初の設定は、使用人口が少ない時間を狙ったほうが、安全だ。
九十九電機のLa Fonerのアクセスポイントを参考してください。
でも、当店の最大の問題は、通信速度が下りで1Mない。
それなのに、512kの設定にしている。
最低が512kだから仕方ない。