金属材料事情 2007/3/20

メールマガジン バックナンバー

金属材料事情 2007/3/20
=============================
もくじ
1. ドライバーの採点
2. 切削工具屋さんと喧嘩しないで
3. 2月表示ランキング 企業編
=============================
1. ドライバーの採点
佐川急便のトラックが、いつもと違うので、「どうかしたの?」
と、聞きました。
「今日は試験日です。」と回答。
このトラックは、運転速度、加速度、減速度、方向指示器、一旦
停止、前方動画などなど、各種データを計測します。
計測結果を元に解析して、運転を採点します。
100点満点中、合格ラインが80点です。
下回ると、地獄のトレーニングセンター送りなのだろうか?
当店に来るドライバーは、81点で合格しました。
危ない点数でしたが、ドライバー様は喜んでいました。
2. 切削工具屋さんと喧嘩しないで
機械加工品がとんでもない短納期のようです。
機械加工には、エンドミルやタップ、リーマーなど切削工具が
必要です。
機械加工屋さんが、機械加工を受注する。
機械加工に必要な切削工具を切削工具屋さんに発注します。
○○切削工具メーカーの○○-○○○○を1個とか、注文します。
注文の翌日に届けば、機械加工品の納期に間に合います。
しかし、切削機械工具屋さんが手間取ると、翌日に届きません。
注文翌日に届かないと、機械加工品が納期遅れになります。
納期遅れになると、発注元からガンガンの電話攻撃になります。
機械加工屋さんは発注元に文句言えないから、機械工具屋さんに
短納期を要求する。
短納期に対応できない機械工具屋さんは、あっさり投げ出す。
そこで、機械加工屋さんと機械工具屋さんは、喧嘩する。
機械加工屋さんは、次の機械工具屋さんを探し、また、喧嘩する。
この状況は、相手の把握が不十分で発生しています。
発注元は、機械加工屋さんの能力を把握していない。
機械加工屋さんは、切削工具屋さんを把握していない。
切削工具屋さんは、顧客と流通を把握していない。
相手を把握して仕事を進めましょう。
3. 2月表示ランキング 企業編
山洞金物店のページを表示した回数で、ランキングしました。
1位 松下電器産業株式会社 350回
2位 日立製作所 342回
3位 ソニー株式会社株式会社 228回
4位 石川島播磨重工業株式会社 199回
5位 株式会社東芝 193回
総表示回数:72005回
多数の閲覧、ありがとうございます。役に立ちましたでしょうか?
=============================
編集後記
春、桜の開花はいつだろうか?
計算違いの開花予想日のおかげで、どれが正解か不明になった。
=============================
・マガジン名:金属材料事情
・発行者:山洞金物店
・発行日:毎月20日
・ホームページ
http://www.venus.dti.ne.jp/~sando/
・問い合わせページ   http://www.venus.dti.ne.jp/~sando/qquest/qnp.htm
★このメールマガジンは、『まぐまぐ』http://www.mag2.com/
 を利用して発行しています。
★購読(無料)のお申し込み、購読の解除・送信先変更は、
 http://www.mag2.com/m/0000146374.htm
=============================