フィールドアーチェリー レストピン(wat 作)

お客さま作品集 完成系

fah5.jpgfah4.jpgfah3.jpgfah2.jpgfah1.jpg

お客の説明
今年からアーチェリーを始めまして自分の弓を9月に購入いたしました。
アーチェリーの弓に矢を乗せるところをレストといいます。いろんな種類があるのですが私のは金属のピンに乗せるタイプのものを使っています。このピンをレストピンと言います。
このレストはシブヤというメーカーのもので日本のものでは標準的なもので、磁石でレストピンが起き上がっている状態で矢を乗せて、打ったときにはわずかな力で倒れて矢の邪魔にならないようになっています。
アーチェリーの中にもさらに競技の種類があってオリンピックのような70mとか90m先に的を置いて点数を競うのをターゲットアーチェリーといいます。この場合はほぼ水平にしか打たないのでこのレストでも問題は無いようです。
私がやっているアーチェリーはフィールドアーチェリーと言うもので山の中に的があり、打ち上げだったり、打ち下ろしがあったり、的までの距離も様々でこれに合わせて特殊な打ち方をしますのでこのレストピンに無理な力がかかるようです。それで1~2カ月で折れてしまいます
これが一本600円するので結構な負担になります。いかにも疲労破壊しそうな形状で、根元のRをもう少し大きくすれば折れなくなると思いますが、フィールドアーチェリーはマイナーなアーチェリー競技の中でも更にマイナーな競技なので、主力のターゲットアーチェリーで問題なければ改良されることはなさそうです。
そこで自分でレストピンを作ろうとしたら線径が1.1mmでこちらではなかなか見つからずに山洞さんにお願いした次第です。
とりあえず送っていただいたステンレス線でシブヤと同じ長さのものとロングバージョンを作ってみました。
ロングバージョンをつけたところです。
結果はもう一つでしたのでシブヤと同じ長さの方を試しています。根元Rを十分取りましたのでもう折れることはないと思いますがまだ十分材料が残っていますので安心です。
ではまた何かあればよろしくお願いします。
山洞金物店の感想
創意工夫、これが楽しいと思っています。
「フィールドアーチェリー レストピン」も、創意工夫です。
上手う出来れば、「フィールドアーチェリー レストピン」の第一人者です。
期待します。ワクワク。
山洞金物店
http://sandoh.net/