機械の修理は、自社でする?

出来事 驚き

機械は壊れる。
いつかは壊れる。
機械が壊れた時は、修理屋さんに頼む。
この流が経費削減で変わった。
機械が壊れる⇒自社で修理を試みる⇒直らない修理屋さんに頼む
「自社で修理を試みる」が、多くなっているようです。
これで直れば、修理代が浮きますね。
しかし、機械の分解が出来ないと次に進めません。
そこで、修理屋さんに分解方法を電話で問合せるようです。
修理屋さんは、機械の分解⇒状況把握⇒修理方法検討⇒修理とします。
機械の分解も仕事内です。
分解方法を教えたら、仕事がなくなります。
そこで修理屋さんは、「出来るところまで、やってみれば」と回答するとか。
自社ですると、他も壊れる場合があります。
こんな時は、修理屋さんの+仕事なので、請求が来ます。
機械の修理を自社でする時は、諦める時期がポイントです。
そこを踏み越えると、余計にお金が掛かります。

出来事 驚き