第2回クラッシックカーフェスティバルIN桐生 前日

出来事 驚き

今年の第2回クラッシックカーフェスティバルIN桐生は、群馬大学工学部も本気だ。
昨年は、群馬大学工学部の協力が少なかったように感じた。
しかし、今年は本気だ。
フェスティバル前日の11/2夕方、群馬大学工学部の職員がテントなどを建てて、準備をしていた。
昨年以上の盛り上がりが期待出来そうだ。
地域で愛されないと生き残れない地方大学なので、あらゆる場面で宣伝して欲しい。今年のフェスティバルで、大きく宣伝して欲しい。
有名になれば、きっと楽しい事がいっぱいある。
よく考えると、クラッシックカーフェスティバルIN桐生のようなイベントを群馬大学工学部で開催したことがなかった。
これをきっかけに、群馬大学工学部で色々なイベントが開催できると、楽しくない。
また、クラッシックカーフェスティバルIN桐生をきっかけに在校生が卒業して、自動車会社で車作りに関係できれば、もっと楽しくなる。
11/3、群馬大学工学部に行きましょう。
追加
群馬大学工学部からの返りに自動車運搬車とすれ違った。
一瞬だったので不明だが、古いロールスロイスのような気がした。
前日からクラッシックカーを持ち込むコレクターもいるようだ。
クラッシックカーの所有者の熱気が伝わってきた。

出来事 驚き