納期遅れと材料待ち、どっち

出来事 驚き

機械加工屋さんの話
納期が短い。加工素材の遅れが、加工品の納期遅れになる。
無理な受注のようですが、現実です。
短納期で加工品を受注すると、素材の遅れが致命的に響いてくる。
納期遅れになると、ペナルティーが8万円/日なのだそうだ。
状況
自社で加工素材を手配して、納期遅れになると、ペナルティーが発生する。
対策
発注先に加工素材を手配してもらう。
問題点
発注先の手配なので、加工素材はいつ入るか、不明になる。
結果
発注先は、「明日入る」と言えば、機械を開けて待っている。
しかし、いつになっても、加工素材が入らない。
結局、4日間、加工素材待ちで、暇する。
自社で加工素材を手配して、納期遅れのペナルティーを覚悟か、
発注元で加工素材を手配してもらって、従業員を4日間、遊ばせるか、
難しい、選択になります。
厳しい事を言う発注企業から、逃げるしかないのだろうか?

出来事 驚き